banner

同じ熱意で運営を

ホームページ制作と同じ熱意で運営を継続しよう

ホームページ制作でもっとも大切なのは、オリジナリティです。例えば類例がたくさんあるホームページをありきたりの切り口で制作しても、なかなか閲覧者の目に届きません。閲覧者は検索したい情報についてキーワードを一つあるいは数個ブラウザに入力して探します。

そこで上位に表示されるホームページは、なんらかの意味で優良なホームページです。例えば他を圧して検索頻度が高いもの、情報量が多いもの、などです。そしてそのホームページの下には類似した内容の、しかしやや劣るものが大量に控えているのが普通です。せっかく苦労してホームページを制作したとして、それらを一足飛びに乗越えて上位表示進出を果たすことが果たしてできるでしょうか。

ホームページ制作でもっとも大切なのはオリジナリティであるの意は、いわゆるその他大勢との競合をする必要がないからです。この場合考えられるのは二通りです。

まず第一は類例が他にほとんどない、ということ。第二は類例はたくさんあったとしても切り口が斬新であること、ということです。しかしこのようなホームページ制作を行うのは、並大抵のことではありません。

しかしキーワード検索において長らく上位に表示され続けるということは、検索頻度が高いこととホームページのクオリティが高く成功しているということに他なりませんから、まずはそこを目指すべきです。

そのためには内容の充実を図るのが第一ですが、やや遠回りとはいえ確実な方法もあるのです。それはホームページ制作と同じ熱意で運営に情熱を傾けることです。どういうことでしょうか。

一般にホームページ制作においては制作時のエネルギーがピークになるはずです。しかし以後しりすぼみになってはいけません。ではどうするかというと、更新を怠らないことです。新しいページを追加して記事を増やしていくのが最も効果があります。そのほかにも見栄えを良くするために画像やイラストを修正したり手入れしたりするのも良い方法です。また既にアップロード済みの記事を読み直した時にどのような印象を持つでしょうか。誤字脱字があったり日本語として不自然である、意味が分かりにくいということに気づくでしょう。これらは誤りを正すというよりは、こうした方が効果的ではないかという気づきでもあります。こうした手入れを日常的にしていると、ホームページは「育って」いきます。つまり更新頻度が高いということです。こうしたメンテナンスを総じて運営と読んで差し支えないでしょう。

検索エンジンの価値判断にも、ホームページが生きているか死んでいるか、のジャッジがあるはずです。たとえば一見立派に見えるホームページでもアップロード後全く手入れがされていないのであれば、順位が低くなります。逆にいかにも素人然としたあか抜けないホームページでも、きちんと運営されているものであれば有用なホームページとして評価が高くなるのです。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作で重要と考えられるポイント、しっかり学びましょうLAll Rights Reserved.