banner

グローバルナビゲーション

ホームページ制作にはグローバルナビゲーションは必須

ホームページ制作において、ユーザーの使いやすさ、つまりユーザーアビリティの高いホームページ制作を意識して作っていくことは重要です。

一般にホームページ制作ではタイトル部分のヘッダー、記事やコンテンツを表示するボディやサイドコラム、そして、お問い合わせや会社概要などを表示するフッターと大きく分けて三つのパーツに分けて制作してくのですが、ユーザーが使いやすいサイトの一つとして、どういったコンテンツがこのホームページにはあり、そしてどうやってユーザーが目的にコンテンツに簡単に移動できるかを考える必要があります。対策の一つとして考えられるのは、サイト内での相互リンクをボディのサイドコラムなどに貼り付けることで、ユーザーをうまく誘導していく方法があります。たとえば、カテゴリやアーカイブといったウィジェットを作成することによって、どんな記事がこのホームページでは読むことができるかが、一目で分かるようになるのでホームページ制作ではよく設置しているサイトを見かけます。しかし、こうしたサイドコラムにユーザーを誘導するウィジェットを設置するとなると、デザインが統一的になりがちになってしまい、ブログのような画一的なデザインのサイトになってしまうこともあります。たとえば、コンテンツ記事のページとお問い合わせや会社概要のページをそれぞれ違うデザインで表示させたい場合、サイドコラム自体がデザインの妨げになってしまうため、必ずしもサイトコラムに表示させるのが一番いい方法とはならないのです。そこで、おすすめなスペースとしてタイトルを表示させているヘッダー部分にグローバルナビゲーションとよばれる、サイト内のページをリンク付けるボタンを設置することがおすすめなんです。最近では、ヘッダーにグローバルナビゲーションを設置させているサイトは多くなってきましたが、なぜヘッダー部分にこのようなボタンを設置させるのかというと、先ほども少し説明しましたが、コンテンツを表示させるボディ部分のデザインの幅を広げるためです。タイトル部分というのは、どんなデザインにしようと考えても、必ず表示させておく箇所のため、そのスペースにグローバルナビゲーションを設置しておけば、どんなページにアクセスしてもボタン一つでホームにも、お問い合わせにも、会社概要を扱っているページであってもすぐに移動することができます。これがつまりは、ユーザーアビリティを意識したホームページ制作となるわけです。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作で重要と考えられるポイント、しっかり学びましょうLAll Rights Reserved.