banner

ホームページ制作を行おう

グリッドデザインを使ってホームページ制作を行おう

ホームページ制作時のデザインを作成するときに、さまざま基本的な手法があります。これらの基本的な手法を応用したり、崩したり組み合わせたりして新しいホームページ制作を行っていきます。この基本手法を知っていれば、全くのゼロから作り上げるよりも、より早く見た人に訴えるデザインに仕上げることが可能です。

これは、過去のさまざまなデザインの知見が含まれているためで、まずは基本的な手法やデザインからスタートすることで、よいデザインの枠組みからスタートする事ができるわけですから使わない手はありません。

この中で、グリッドデザインという手法があります。このグリッドとは、ホームページに表示したいものをどのように並べるかを決めていくとき、垂直と水平方向に分割するガイドラインのこと。このガイドライン、すなわち補助的な線を利用することによって、整理された印象を与える表示をデザインするために必要な、マージンなどを正確に分けることができます。またスペース、カラムを正確に分けることができます。

このコマ割は元はといえば新聞紙面のレイアウトに使用されてきた伝統的なものですが、ホームページ制作時のデザインにも適用することができます。だからといって、新聞と同じようなコマ割りをする必要は無く、あくまでもデザインをスタートするときの第一歩、そして実績のあるデザイン手法として使ってみましょう。

ホームページ制作時のグリッドデザインの基本的なルールはカンタンです。まずは、全てのコンテンツを、このグリッドの上に乗せるようにしてレイアウトしていくだけです。これによって、基本的なレイアウトを決めるための準備ができました。そして、ここをデザインのスタート地点とすることで、安定的で再現性のあるデザインを生み出す基礎になります。

次に自分だけのオリジナルのグリッドを作る方法を考えて見ましょう。例えば、画面の上側を大きなグリッド、下を3列の小さなグリッドで分割します。こうすることで、トップはバナーのイメージ、本文はブログのようなイメージになります。

そのほか、ショッピングサイトのようなデザインの場合、販売する商品が小さなグリッドに収めることで、とてもすっきりしたイメージを持たせることができます。
デザインは無限の可能性がありますが、かと言って何も無い状態からスタートするのではなく、基本的で実績のある手法を使うことで、読む側に安心感を与えつつ目を、惹くホームページ制作が可能です。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作で重要と考えられるポイント、しっかり学びましょうLAll Rights Reserved.