banner

互換性を意識

ホームページ制作は互換性を意識する必要があります

ホームページ制作にて考慮する必要としては、今までは最先端の機能を取り入れていく事を重要視されてきた傾向がありました。
しかし、インターネットの状況が成熟した状態になりましたので最先端というより、色々なプラットフォームやハードウェア、ソフトウェアの互換性を意識する必要が出てきました。

今までは、パソコンのOSメーカーが提供していたパソコンのブラウザのバージョンアップの時に生じる微妙な違いの互換性を意識する程度でした。また普及しているブラウザ自体も数社からしか提供されていませんでしたので再現テストの実施に関しても数回の繰り返しで大丈夫でした。

最近ではホームページ制作に関わるパソコンの状況が大きく変わってきました。パソコンのブラウザの提供会社などの種類が、以前と比較して大きく増えていきました。

それは、機能性を重視するブラウザや、スピードを重視したブラウザなどユーザーの利用意図にてブラウザを選択する時代になりました。これにより、1台のパソコンでも複数のブラウザを搭載しているケースが多くなりホームページ制作にてテストの作業や必要性が多くなっています。

また異なるプラットフォームとして、スマートフォンやタブレットの普及があります。
スマートフォンの普及によりインターネットを閲覧するユーザーがパソコンで閲覧するユーザー数を逆転する状況になる勢いです。

これは一人のユーザーがパソコンとスマートフォンを利用するケースが普通に出てきています。

これは単純にホームページの機能に関する互換性を保てばよいという事ではなく、異なる機械でみた場合でも違和感を感じない必要性があるからです。

このようにホームページ制作に関しては、今までのパソコンのみの利用を考えるスタイルからスマートフォンやタブレットを中心にした利用に移りつつあります。

これは、ホームページ制作に関するデザインに関しても影響が出てきます。

一つのページに関してデザイン費用に関して余裕がある場合は、ホームページの記述を切り替えるスタイルにて各プラットフォームに合わせて記述する事ができます。

それに対して、費用を抑える場合には一つの記述にて色々なプラットフォームに対応する必要がでてきますのでホームページ制作をする場合には考慮がかなり必要になります。

このように、時代と共に使用機材や利用のスタイルが変わってきますので時代に合わせたホームページ制作を行う必要があります。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作で重要と考えられるポイント、しっかり学びましょうLAll Rights Reserved.